海外美術館

海外の美術館は、日本の美術館とスケールが違います。
特に世界でもっとも有名な美術館と言っても過言ではない「ルーヴル美術館」が代表的な例です。

「ルーヴル美術館」の魅力的な1つとして、ルーヴルの三大貴婦人に出会えることがあります。
まず、「ミロのヴィーナス」、「サモトラケのニケ」、そして「モナ・リザ」の三大貴婦人です。
この作品を知らない人はいないのではないか…というくらい、世界的にも有名な作品です。

特に「モナ・リザ」は、あのかの有名な「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の作品でもあり、数多くの謎が残されている、値段なんてつけることのできないくらいの世界の宝とされています。
その作品を生で見ることができるのは、この「ルーヴル美術館」だけなのです。

もちろん、「ミロのヴィーナス」も「サモトラケのニケ」も世界中でも有名な作品です。
「ルーヴル美術館」は、古代オリエント美術、イスラム美術、絵画、古代エジプト美術、彫刻、素描・版画、古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術、工芸品 の全部で8つで構成されています。
幅広い種類の芸術作品が、3万5000点も展示されているのです。
日本とはスケールの違う、数多くの美術作品を全部見るには1日では足りないくらいの規模です。